PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
比角小卒業生ら 旧校舎の思い出に感激

 市立比角小の卒業生らが18日、旧校舎のお別れ会で埋めたタイムカプセルを約13年ぶりに掘り出した。当時の全校児童(1,001人)が埋めたもので、懐かしい品物と対面して、卒業生らは感激でいっぱいだった。

 タイムカプセルは昭和62年3月、児童会「北斗会」が新校舎の移転に伴って旧校舎に感謝を捧げ、お別れの気持ちを贈ろうと立案した。開封は当時の一年生が二十 歳になる2000年に決め、新校舎のグラウンドに埋めた。掘り出されたカプセルは高学年用、低学年用の2個で、思い出のいっぱい詰まった旧校舎の絵や作文、クラス写真などが納められていた。

 この日は当時の在校生、教師、保護者らが集まった。児童会長だった伊藤咲子さん(25)は東京から駆けつけ、「掘り出すことをずっと気にしていた」と肩の荷がおりた様子で、自分の作文を手に「私にとって、これは宝物。大事にしていきたい」と語った。

(2000/11/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。