PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
西山町大崎でアジサイが見ごろ

 西山町大崎の「雪割草の里」近くの丘陵地で、今年も「アジサイの丘」が見ごろの季節を迎えた。

 海に近い丘陵地と約200メートルの遊歩道周辺ではガクアジサイ、タマアジサイ、エゾアジサイなど約1,500株で水色、青紫などの大輪が咲いている。土地の所有者で雪割草保存会前会長の田村勝義さん(81)が10年以上前からさし木で増やしてきたものだ。花はほぼ満開となり、7月半ばにかけて色が深まっていくという。

 田村さんは今年、遊歩道を延ばし、傾斜地のアジサイを眺められるようにしたほか、アジサイの花やねむの木の葉越しに海が望めるように手入れをした。付近は春の雪割草でおなじみだが、ユキバタツバキ、アジサイ、8月のねむの木と花期が続く。初夏から盛夏は沢を渡る風が涼しい。近くに温泉施設「大崎雪割草の湯」があり、入浴後のそぞろ歩きを楽しむ人もいる。

(2001/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。