PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
ぶどう村がシーズン本番

 味覚の秋を迎え、市内芋川、柏崎ぶどう村のもぎ取り園はこのところ、ブドウ狩りを楽しむ家族連れ、グループなどでにぎわっている。15日にはワイン・ステーキ祭も予定され、豊かな自然の中で初秋のひと時が存分に満喫できそうだ。 もぎ取り園の面積は約1.3ヘクタール。1996年から入園料制を廃止し、入園前に試食した後、必要量をもぎ取って買ってもらうやり方を続けている。現在は種なし青ブドウのヒムロットが最盛期になっており、大きな房がたわわに実る棚の下で、ていねいにハサミを入れる光景が繰り広げられている。

 市内春日二、徳間節子さん(54)は、近くに嫁いだ娘の工藤真紀子さん(27)の家族らと訪れた。ブドウ狩りは初めてという徳間さんは「朝から、ここに来るのを楽しみにしていた。味見をしたら、とっても甘かった。種がなくて子供にも食べやすいの が何といってもいいですね」とにっこり顔。

 この後、次々と違った品種が楽しめ、鈴木峻二支配人は「好天続きだったので、糖度は十分。きっと満足してもらえる」と話す。開園時間は午前9時半から午後4時半。

柏崎ぶどう村ワイナリーホームページ
http://www.kisnet.or.jp/~k-winery/

(2001/ 9/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。