PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
20年ぶりに来春、大相撲柏崎場所

 大相撲地方巡業が来年4月、柏崎で20年ぶりに行われることになり、市は4日、市役所大会議室で柏崎場所実行委員会の初会合を開いた。この日は日本相撲協会の宮城野泰孝親方(元竹葉山)ら2人も駆け付け、今後の日程などを話し合った。

 地方巡業が市内で行われるのは1962年、1981年に続く。前回の巡業では海岸公園の野外ステージで横綱北の海らが激しいぶつかり合いを披露した。今回は市総合体育館のメーンアリーナにシートを敷き詰め、土俵を築く。席数はたまり席から自由席まで約4,500席を設ける。

 当日は午前8時に開場。公開けいこや土俵入り、取り組みのほか、甚句や太鼓の披露、髪結いの実演などが行われる。入場券の販売は12月中旬からの見込みだ。料金はたまり席の14,000円から自由席の1,000円(大人)まで。

 会では、同委員会顧問の西川市長が「久しぶりに本物の力士が見られることになり、今から楽しみだ」と述べ、宮城野親方は「みんなで巡業を盛り上げ、いい興行にしたい」と語った。

 委員会の役員は次の人たち。会長には高橋保柏崎体育団長が選ばれた。

【柏崎場所実行委員会】
会長=高橋保(柏崎体育団)
副会長=与口登美夫(市社会福祉協議会長)
監事=関谷恒男(市体育指導委員協議会長)、田村寛(柏崎農協管理部長)

(2001/ 9/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。