PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
市町村民所得、柏崎市は0.2%増306万円

 県統計課はこのほど、1999年度の県内市町村民所得の概要をまとめた。柏崎市の一人当たり所得は前年度に比べ0.2%増の306万4,000円となったが、県内112市町村(当時)中の順位は2つ下げて14位にとどまった。刈羽村は0.7%減の342万円で、前年度の5位から4位に上がった。

 概要によると、柏崎市の純生産は3690億円で、経済成長率である純生産の対前年度比はマイナス0.5%。また刈羽郡町村の純生産は高柳町が53億円(マイナス3.7%)、小国町が118億円(同1.4%)、刈羽村が450億円(同4.3%)、西山町が137億円(同2.6%)。郡市とも景気低迷の影響などで軒並みマイナス成長だった。

 一人当たり所得は県全体で296万1,000円で前年度と同水準。これを上回ったのは柏崎市・刈羽村を含む5市・10町・3村だった。11年連続のトップは、賃貸マンションが多い湯沢町の498万3,000円。以下、頚城村、新潟市、刈羽村、聖籠町、上越市、長岡市小出町などの順だ。

 刈羽郡他町の一人当たり所得は、高柳町が221万8,000円(0.2%減)、小国町が221万4,000円(1.3%減)、西山町が252万9,000円(0.3%増)。

(2002/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。