PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
西山町出身のキックボクサー・尾崎選手引退へ

 西山町出身のキックボクサー・尾崎英樹選手(29)=新潟市、ピコイ錦ジム=が13日、東京後楽園ホールで引退試合を行う。最後の試合を応援しようと、町の後援会(荒城総一郎会長、約130人)は大型バスで約50人を送り込む。

 尾崎選手は1991年にデビューし、94年6月、21歳で日本バンタム級チャンピオン(日本キックボクシング連盟)になった。3度の防衛の後、97年にタイトルを失い、昨年8月、2度目の再挑戦で3年9カ月ぶりに王座を奪還した。デビュー以来、公式戦は20勝7敗6引き分け(11KO勝ち)。引退試合でチャンピオンベルトを返上し、同じく引退する相手選手と2ラウンドのエキシビションマッチを行う。

 後援会は97年の結成。尾崎選手の王座復帰を目指しバスツアーを重ね、昨年も約30人がリングサイドから声援を送った。関係者は「後援会も尾崎選手と一緒に走り続け、いい夢を見させてもらった。キックボクシング人生最後の試合。精いっぱい応援する」と話している。20日には西山ふるさと館で尾崎選手の引退式と後援会の解散式を行う。

(2002/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。