PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
総合高で新校歌・校章制定式

 総合学科の設置に伴い、4月に柏農から校名を変えた市内元城町の柏崎総合高(青山雅啓校長、生徒488人)は11日、校歌、校章の制定式を行った。

 新校歌の歌詞はさいたま市在住の作詩家・金沢智恵子さん、作曲は国立音楽大の小山章三名誉教授。若い情熱とひたむきさを日本海、米山に重ね、壮大なスケール感で仕上げた。校章制作は長岡造形大の山本敦講師とグラフィックデザイナーの山谷雅彦さん。夢と希望を表す円に向かう3本線を躍動感をもってあしらった。スクールカラーは青。

 式で青山校長は校訓の「自立、創造、共生」を引き、「社会に役立つ有為な人間に」と期待を込めた。校章について山本講師ら2人は「学校の個性化、心に残る校章に」と制作意図を説明。校歌作曲の小山名誉教授は「心に太陽、歌をもて。一生の心の歌として、クラス会などで声をそろえ歌ってほしい」と述べ、同校吹奏楽部17人の伴奏でタクトを振るった。

 全校合唱の後、生徒代表の井比晃君は「校名が変わり240人が入学し、校内が明るくなった。校歌はスケールが大きく若々しく、新しい時代にふさわしい。新校章はすがすがしい。母校の誇り、人生の宝としたい」と感謝を述べた。

(2002/ 7/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。