PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
どんGALA!祭りで全国発信へ

 県内外46チーム・総勢1500人以上がパワフルな踊りを繰り広げる全国よさこいサイトin柏崎「どんGALA!祭り」が20・21日、市内5会場で行われる。主催は市、同実行委員会(池田純子委員長、委員83人)。熱いパフォーマンスで、柏崎の新しい夏の祭りを全国発信する。

 参加は宮城、群馬など県外勢を交え46チーム、踊り子は子供から一般成人まで1500人以上。このうち、柏崎刈羽では市内が6チーム、高柳から2チーム、小国から1チームが参加する。また、前橋からは200人以上、日本三大よさこいの1つ、みちのく仙台からも100人以上が参加する。

 会場は、駅前ふれあい広場をメーンに、フォンジェストリート棟、モーリエ市民プラザ前。また柏崎のq$顔u$であるJR柏崎駅前ロータリーでのパフォーマンス、駅仲商店街ではデコレーションした地方車を先導にパレードも。エアロビのトップ指導者でトータルフィットネスコーディネーターの中尾和子さんによる鳴子ビクスタイムもあり、自由参加で楽しめる。

 このイベントは今春以来、各方面からなる実行委員で準備を進めてきたもので、池田委員長は「商店街などいろいろな方面からバックアップをしていただき、参加チームを迎えられることはうれしい。どのチームもみんな見どころがあるので、楽しんでほしい」と話す。

 開会式はメーン会場で20日午後1時から。共催は駅仲商店街振興組合、5中会商店街振興組合、本町6丁目商店街振興組合。特別出演は番神港祭り龍神部、茨目神輿(みこし)鳴子踊り、日本海太鼓。柏崎刈羽の参加チーム、各会場の時間は別記。駐車場が不足のため、海岸周辺の駐車場を利用してほしいという。雨天決行。問い合わせは祭り実行委員会事務局の市観光交流課へ。

 【柏崎刈羽・参加チーム】

 ■柏崎=比角りずみっこクラブ、PICOOLOTUONO白百合、祭や倶楽部、喜楽々えべすぎ、舞姫〜PINEWAVE〜、キッズマジック

 ■高柳=高柳よっしゃこい、同ジュニア

 ■小国=YOSAKOIおぐに

 【会場】

 ■メーンステージ=20日午後1時―8時半、21日正午―午後4時

 ■フォンジェ=20日午後3時―7時

 ■モーリエ=20日午後3時―7時

 ■駅前ロータリー=21日午後1時―3時半

(2002/ 7/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。