PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
バスケのスーパーリーグに4,200人

 バスケットボールのスーパーリーグ、日本リーグ、女子のWリーグの柏崎大会が25・26日、市総合体育館で行われた。柏崎大会の開催は二シーズンぶりで、2日間合わせて延べ約4,200人が詰め掛け、スピードとパワーあふれるプレーに声援を送った。

 25日は日本リーグの豊田通商―北陸電力、スーパーリーグの新潟アルビレックス―三菱電機の男子2試合が行われ、新潟は84―84の同点からの攻撃で終了のブザーと同時に3点シュートを決めて劇的な勝利を収めた。

 26日の第1試合でWリーグのジャパンエナジーが富士通と対戦し、Jエナジーが後半に入って点差を広げ、女子日本一の実力を見せた。第2試合のスーパーリーグでは新潟が三菱電機に苦戦し、前半を40―50で終了。後半にはエースの庄司和広選手が負傷退場、長谷川誠選手も5ファールで退場するなど、流れをつかめないまま26点差の大差で敗れた。

 試合終了後に新潟アルビレックスのサイン会がロビーで行われ、小・中学生らがお目当ての選手からサインをもらおうと行列をつくるなど好評だった。

 【25日の試合】

 ■日本リーグ豊田通商 97―64 北陸電力

 ■スーパーリーグ新  潟 87―84 三菱電機

 【26日の試合】

 ■WリーグJエナジー 75―61 富 士 通

 ■スーパーリーグ三菱電機 98―72 新  潟

(2003/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。