PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
刈羽村議選トップは小林氏

 定数16に対し、18人が立候補した刈羽村議選は、無所属新人2人が涙をのんだ。

 3期目をトップ当選で飾った小林信光さん(67)の陣営は大勝に沸いた。前回得票を約50票伸ばし、300票に届く躍進。小林司郎・選対本部長は「2期8年の議会活動を評価してもらった結果」と述べ、「村財政の有効活用を図り、議会で与党の流れをつくってほしい」と期待を託した。

 小林さんは選挙期間中、市町村合併問題、原発の安全確保と共存共栄、福祉や生活基盤整備の充実を訴えた。「一票一票、支持を積み上げていただいた」と支援に感謝し、「村の懸案事項を議論しながら、地域住民の代表として活動、発言したい」と抱負を述べた。

(2003/ 4/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。