PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
柏崎原発7号機の定検延長

 東京電力柏崎刈羽原発の武黒一郎所長は13日の定例記者会見で、第5回定期検査中の7号機について、トラブルによる点検・調査で定検期間が延び、年内の運転再開は難しいとの見通しを示した。

 7号機は、同原発のトラブル隠し発覚を受けた点検を経て、今年6月にいったん運転を再開。9月23日に定検に入り、停止期間は今月下旬までの予定だった。しかし、原子炉給水ポンプの破損、制御棒案内管内の金属異物発見などのトラブルや、圧力抑制室プールの異物回収で工程がずれ込んだ。特に制御棒案内管の異物混入経路などの調査に時間がかかっていることから、定検延長は確実となった。

 柏崎刈羽原発は4・6号機が運転中だが、1・2・3・5号機は、トラブル隠し発覚後の定検が終わっていない。工程が先行している1・3号機も、再循環系配管の補修作業で年内再開を目指すのは難しく、現在稼働中の2基だけで冬を迎える可能性が高い。

(2003/11/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。