PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
鯛料理PRでのれん製作

 タラの粕(かす)汁と鯛(たい)料理を柏崎の名物にする事業を展開している柏崎観光産業振興協会(土田新吾会長)はこのほど、宣伝用にタラの粕汁のマグネット板と鯛ののれんを製作した。近く市内の会員事業所に配布する。

 タラの粕汁は数年前からの取り組みで、最近では知名度も上がり、売り上げを伸ばしているところも出てきている。マグネット板は、会員事業所の自動車に取り付けてPRしてもらおうというもの。旬の時期が到来したことから、タラ汁を出す店やホテル、旅館をリストアップした広告なども予定している。

 一方、鯛は今年度から取り組み始めた事業。料理教室を開いたほか、スローフードツアーで鯛料理を提供して好評を得たことから、鯛めしや鯛茶漬けなど鯛料理を出す所にのれんを配ることになった。同協会啓発委員会の佐藤秀則委員長は「県内1の水揚げがある地元の鯛の料理をぜひとも名物料理に育て上げたい」としている。

(2003/11/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。