PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
ヒカル目指して子供囲碁大会

 囲碁の愛好者をすそ野から増やそうと、日本棋院柏崎支部(堤公彦支部長)主催の第1回柏崎子供囲碁大会が16日、小学生28人、中学生5人、計33人が参加して市民プラザで開かれた。

 大会は実力別に3クラスに分かれ、A・B級は19路盤、C級は13路盤を使ってスイス方式で対戦し、各クラス3位まで賞状とメダルが贈られた。また、覚え始めで実力が不明だった子供たちには級位の認定状も発行された。

 囲碁は、漫画「ヒカルの碁」の影響で小中生に人気が出てきており、同支部では「市内だけでなく柿崎や西山などからの参加もあり、大会は大成功だった」としている。最初に「お願いします」と一礼してから開始するなどマナーも徹底していた。

 支部では子供の大会を年に2回ほど開きたい考え。毎週日曜日には市内諏訪町の碁会所で初級者教室も開いており、子供たちの受講を歓迎する。

(2003/11/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。