PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
東電が原発再開に向け2月に「報告会」

 東京電力柏崎刈羽原発は22日、1号機など残る4基の運転再開に向けた住民理解活動として、同原発の状況についての「報告会」を2月4日に柏崎エネルギーホールで、同11日に刈羽村ラピカで開くと発表した。また市内町内会長と村内区長への訪問を22日から始めた。

 報告会は4日が午後6時半から、11日が午後3時から。いずれも2時間半で、第1部の講演会に続いて、第2部で東電が報告を行う。1昨年のトラブル隠し発覚以来約1年半の点検・補修、再発防止対策、信頼回復の取り組みを総括して説明したいとしている。参加者からの質問・意見を個別に受け付けるコーナーを会場に設けるが、全体の質疑応答は行わない。講演は4日が作家・井沢元彦氏の「歴史に学ぶ日本人の危機管理」、11日が松井孝典・東大大学院教授の「火星探査〜巨大技術の安全確保〜」。両日とも、誰でも自由に参加できる。

(2004/ 1/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。