PHOTOニュース

“豆”をまいて、悪い鬼を退治する園児たち=3日、枇杷島保育園 (2023/02/03)


作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)

>>過去記事一覧
小国町の未来像提言へ

 小国町で昨年11月行われた長岡地域との合併可否を問う住民投票で、合併推進の立場の運動を展開した「小国の将来を考える会」(山崎豊士代表)が、合併後の小国の未来像として「仮題・大規模健康福祉センター建設とハーブ特区による観光農業の推進」を町当局や合併協議会に提言していく話し合いを進めている。

 住民投票運動の期間中、会員の中から「長岡地域全体の中で小国の特性を生かし、発展させていくプランを作ろう」という声が上がり、投開票が終わった12月から、会の中に、町議や町特別職OB・職員OBらによる「白いキャンパスの会」と、町内で特技やその道一筋に励んでいる人たちによる「ビジョンを語る会」という分科会を設置。町が歩んできた地域おこし、長期計画との整合性を意識しながら、それぞれで話し合いを進め、夢を描いてきた

 「大規模健康福祉センター建設とハーブ特区による観光農業の推進」は、2つの会の構想を1つにまとめた。森林公園の周辺に大規模なハーブ栽培地と研究施設を設置し、大規模な健康福祉センターを建設して、八石米、和紙、有機野菜など小国の資源、自然や人の技、伝統文化、さらにバイオマスなどの新エネルギーを利用。住民が協力・共同参加して産業の振興、福祉の増進、観光振興に結びつけたいとするもの。「人々が協調し、人材が育ち、自然が薫るバーブドリームランド」という大きな構想だ。

(2004/ 1/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。