PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
柏崎ライフセービングクラブが全日本3位

 横浜国際プールで1.2日開かれた第17回全日本ライフセービング室内選手権で、柏崎ライフセービングクラブが活躍し、総合成績で過去最高の3位に入賞した。特に、予選ながら新潟産業大学4年・小出まゆ子さんが、女子100メートルマネキンキャリー・ウィズフィンの種目で日本新記録を出し、チームの入賞に花を添えた。大会には全国から36チーム、総勢468人が参加した。

 柏崎ライフセービングチームは産大学生8人と社会人5人の13人で構成。日本記録を持つ常勝の4×50メートル障害物リレーで1位、男子100メートルマネキンキャリー・ウィズフィンで池谷薫選手が1位を獲得するなど各種目で活躍した。

 小出選手の出した日本新記録は、これまでの記録を0.32秒上回る1分13秒42。1位のコールの後、一呼吸あって「これは大変な記録」と場内アナウンスされると、館内は大きな歓声に包まれたという。小出選手は決勝では4位に終わった。

(2004/ 5/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。