PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
アメダスに猛暑の夏はっきり

 柏崎のアメダス(地域気象観測システム)によると、今年7月の日最高気温平均値は29.7度、8月の平均値は29.8度で、昨年7月の24.8度、8月の28.2度を上回った。「低温・雨続きの夏」と言われた昨年から一転し、相次いだフェーン現象などによる猛暑の夏がはっきり表れた。

 今年7月前半(1日〜15日)の最高気温平均値は28.3度、後半は31.1度。5日の最高気温35.8度は、台風7号から変わった低気圧が暖かな風を運び、さらにフェーン現象が加わったための気温上昇だ。

 7月23日から8月5日まで連続14日間、最高気温が30度を突破。6日は28.4度となったが、7日から10日までの4日間も30度を超えた。この間の最高気温は7月30日の36.7度。前日29日と31日には36.1度を観測。これは台風10号接近によるフェーン現象だ。昨年は涼しい7月だったが、2002年7月は今年と同じく台風によるフェーン現象で暑い日が続いた。この時の日最高気温平均値は28.9度。当時の新聞記事は「連日、異常な暑さ」と伝えたが、今年の方がそれより高かった。

 8月中旬は一転して平年を下回る涼しい日が続き、お盆の15日から17日にかけては日最低気温が18度台を記録した。17日の最高気温も24.6度と25度を下回った。しかし、台風15号接近に伴い、19日には今夏2度目の最高気温36.7度を記録。さらに月末には台風16号が北上し、気温が上がった。

(2004/ 9/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。