PHOTOニュース

作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)


原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)

>>過去記事一覧
吉田さんがひめくり帳「愛」語録作製

 「1日 これを過ぎると育たなくなるという臨界期がある。それが8歳という年齢です。8歳までに人間の心のあり方の骨格ができる」ーー。市内東本町1、吉田真理さん(47)がこのほど、長岡市の前教育長・大西厚生氏(74)の子供たちへの深い慈愛に満ちた言葉をまとめた日めくり帳「『愛』語録―幼児教育 親の生き方・あり方について」を作製した。発行は吉田さんが社長を務めるビオコスモジャパン。吉田さんの「利き書き」による月めくり帳「母の祈り」もまとめた。

 大西氏は長岡高校校長などを経て、1991年から2000年まで長岡市教育長。現在は、同市の教育関係者、市民が連携して次世代を担う子供たちの教育を支援する「21世紀長岡の『知』を創造する会」理事を務める。

 吉田さんは03年、市内の小鳩幼稚園の母の会会長として、創立50周年記念で大西氏の講演「『米百俵』と幼児教育、親の生き方、あり方について」を聴いた。2人の息子とは10歳違いの長女の子育て中だった吉田さんは、未来の子供たちに寄せる深い愛情と篤(あつ)い想(おも)い、内容の崇高さ、大切さに感動し、日めくり帳をまとめるきっかけとなった。

(2005/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。