PHOTOニュース

マコモの葉を練り込んた「マコモうどん」 (2022/01/27)


「EC市場」をテーマに、あきんどの集いで行われた講演会=24日、柏崎商議所 (2022/01/26)


信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)

>>過去記事一覧
刈羽村が開設するCATVの加入率99%

 刈羽村が全村に光ファイバー網を整備する地域情報化のCATV(ケーブルテレビ)事業で品田村長は10日、村議会一般質問の答弁で村内1.335世帯の加入率が99.3%、事業所では71.1%になったと報告した。

 村内は高圧電線によるテレビ難視聴解消のため、有線のテレビ共同聴視施設が整備されているが、これに代わってCATVを核とした放送・情報通信網を整備する。中央施設の局舎を通じ、各戸を光ファイバーケーブルで結び、通常のテレビ放送に加え、有料チャンネル、デジタル放送、インターネット接続サービスが利用できるようにする。総事業費は約11億4,300万円。

 事業は村直営で業務委託の方針。職員が兼務で管理運営に当たる。2004年度事業では光ファイバー網とインターネット環境の整備、テレビで村の情報が閲覧できるシステム、音声告知、村内IP電話などを整備。05年度は運用面を含め、テレビで見られる情報の充実、告知放送などを検討する。当初4月を目指していた開局は、地震の影響で7月末にずれ込む見通し。役場近くで建設中の局舎建屋は今月中に完成の予定だ。

(2005/ 3/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。