PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
地滑りで遮断の国道352号、片側通行へ

 1月23日に発生した地滑りで全面通行止めが続いている市内椎谷の国道352号が、20日の夕方にも片側交互通行ができる見通しとなった。県柏崎地域振興局地域整備部では、海水浴シーズンが始まる7月20日ごろには通常の2車線を開通させたい計画だ。

 現場は椎谷岬の頂上と夕日が丘公園との中間で、山が海に迫っている。1月の地滑りでは、道路を含む海側の斜面が長さ30メートル、幅9.3メートル、高さ8メートルにわたって崩落した。道路を管理する県は、地滑り面の調査、復旧工法の検討、国の災害査定などを進め、4月末から本格的な復旧工事を始めた。

(2005/ 6/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。