PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
旧日石加工のレンガ棟解体撤去へ

 JR柏崎駅前の市内日石町、旧日本石油加工柏崎工場の解体作業が今週から本格化した。市は解体撤去される赤れんが建物3棟の調査・記録保存のため、市議会6月定例会の一般会計補正予算案に100万円を計上した。

 同工場は1899年、日本最古の製油所として建設された。約8万平方メートルの敷地は新日本石油の所有で、構内に明治、大正期の赤れんがの倉庫、分留室などが残る。市と同社の協議でれんが建物の保存も検討したが、有効な利活用策は見いだせなかった。れんが倉庫など2棟は敷地内の移設費だけで2億7,500万円が見込まれる。同社は全面解体撤去の方針を市に伝え、市は解体前に調査し、記録保存することを決めた。

 解体工事はエリアごとに進め、12月までに完了する。れんが3棟の解体は最後に回す。市内工業界には「かつて日石本社が置かれた柏崎に機械金属の隆盛をもたらした産業遺産」と惜しむ声がある。

(2005/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。