PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
地震で軽傷1人、住宅損壊5棟

 20日午後1時過ぎに発生した地震について、市防災・原子力安全対策課が同日午後7時現在でまとめた主な被害状況によると、市内では軽傷1人、住宅の一部損壊五棟、非住宅破損2棟のほか、公共施設ではじょんのび村や産大附属高校など5棟に破損の被害があった。

 午後1時3分に発生した地震の震源地は北緯37.2度、東経138.6度で、市内南部付近と推定される。震源の深さは約15キロ、マグニチュードは5.0に修正された。震度は高柳町岡野町が5弱、中央町で4。午後1時15分にも高柳町で震度4、中央町で震度1の余震と思われる地震が起きた。午後2時11分、同49分にも高柳町で震度1を観測している。

 市のまとめによると、この地震で市内北半田2の刈羽郡総合病院で34歳の女性職員が荷物運搬用の小型エレベーター内で扉に左足の甲をはさまれて軽傷を負った。住宅の一部損壊は水上と本条で各1棟、石曽根で3棟。内壁が落下したり、基礎部分にひびが入ったりした。非住宅は石曽根の土蔵と高柳町岡野町の共同作業施設。公共 施設では鵜川コミュニティセンターや田島集会所、高柳町岡田集落センターで内壁などが落下。じょんのび村の萬歳楽では客室天井と配管などに被害があった。産大附属高は生徒玄関と特別教室の内壁にひびが入り、渡り廊下部分にずれなどが生じた。

(2005/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。