PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
綾子舞とホタルの催しに300人以上

 市内の鵜川ほたるの会(高橋裕義代表)が25日、同地区綾子舞会館周辺などで「ホタルまつり」を開いた。地域の貴重な資源の綾子舞と、ホタルをドッキングさせた催しに、500人以上が堪能した。

 ホタルまつりは、鵜川コミセンの地域コミュニティ計画の事業化の一環。里山自然環境のシンボルであるホタル、国指定の重要無形民俗文化財「綾子舞」という同地区ならではの資源を生かした。実行委員会を組織し、準備を進めた。

 薄暮の中で、かがり火がたかれ、静雅園前の特設舞台では綾子舞の優美なはやし舞、狂言、踊りが繰り広げられた。次第に夕闇が増すころには、参加者がろうそくの明かりに導かれながら、ホタルロードを歩き、ゲンジボタルを鑑賞した。時折、光を放つホタルは幻想的な雰囲気で、「きれい」などの声があちこちで聞かれた。

(2005/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。