PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
一中が地域環境美化で表彰

 一中(後藤典任校長、生徒数250人)がこのほど、地域環境美化功績者として、環境大臣表彰を受けた。えんま市期間中の早朝、通りの清掃を続け、今年で15年。地道な取り組みが高く評価された。

 同校生徒会・柏友会は、えんま市に放置される膨大な量のごみを実際に見て、清掃をすることで地域の環境美化を考える機会にしたいと、1991年から早朝清掃をスタートさせた。「尽くそう地域へ 高めよう奉仕の心」をスローガンに、露店が並ぶ通りで、ごみ拾いなど人海戦術≠繰り広げてきた。

 今年は、一部を除いてえんま市が終わった17日午前5時に、全校生徒が市民プラザ前に集合し、学年単位に作業を分担した。すでに露店が片付けられていたため、路地裏も含め、細かなごみまで拾い集めた。また、ごみの集積場から回収用のトラックに積み込む作業も小雨をついて手伝った。

(2005/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。