PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
6月の豪雨で土木施設など被害20億円

 会田市長は7日の定例記者会見で、6月28日の豪雨災害の状況を説明し、市内の農林水産施設や公共土木施設だけで被害額が約20億円に上ったことを明らかにした。住宅浸水は床上・床下を合わせて533棟となった。

 6日現在の市集計によると、市内の住宅床上浸水は160棟で、被災者は168世帯・475人。床下浸水は373棟で373世帯・1,056人。非住家の浸水は648棟だった。

 農林水産施設は、田畑の冠水などが280ヘクタールに及んだのをはじめ被害額は2億9,176万円。農林水産物の被害は4,590万円。土木被害は市と県の管理を合わせて河川決壊93カ所、橋の破損1カ所、道路破損百60カ所、土砂崩れ5カ所で、これら公共土木施設の被害額は16億9,886万円。農林水産関係と合わせた合計被害額は20億3,653万円だ。

(2005/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。