PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
仮設入居者の7割が住宅再建希望

 市は、中越地震で被害を受けて仮設住宅などに入居している43世帯を対象に住宅再建意向調査を行い、6月30日現在で結果を取りまとめた。

 それによると、全体の約7割に当たる31世帯が再建を希望し、そのうち18世帯が現在地、13世帯は移転。また3世帯が子供との同居を考えている。未定は9世帯だ。会田市長は7日の定例会見で、市として再建希望者への経済支援を行いたいとしたほか、未定者に対しては、公営住宅入居や、仮設住宅入居期間延長を含めて相談に応じる考えを示した。

(2005/ 7/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。