PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
笹崎で伝統の稲虫送り

 市内石曽根の笹崎町内会(砂塚孟会長)は14日夜、伝統の稲虫送りを行い、子供からお年寄りまで約100人が手にたいまつ持ち、幻想的な光の帯を作り出した。同じ南鯖石地区では対岸の森近でもたいまつがともされ、鯖石川を挟んで稲虫送りが行われた。

 豊作を願う稲虫送りは、笹崎では戦後中断していたが、1980年に復活し、今年で26回目を迎えた。砂塚町内会長は「火は古代から大切にされてきた。この伝統をもっと長く続けていきたいと思う」と語り、「自分の心の中の虫も追い出して」と呼び掛けた。参加者のたいまつに火がともされると、触れ太鼓やホラ貝に合わせて「稲虫おっくれー、おっくれーよ」と声を上げ、たいまつを上下にかざしながら約1キロを練り歩いた。

(2005/ 7/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。