PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
旧日石加工の解体進む

 市内日石町、旧日石加工柏崎工場跡地の解体工事は22日で全体進ちょく率が約25%に達した。健康被害が問題化している飛散性のアスベスト(石綿)は工場施設で使われておらず、建材としてアスベストを含む保温材は撤去され、2重包装で搬出を待つ状況だ。

 建屋、タンクなど施設の解体は終盤を迎え、保存をめぐって地元で議論がある3棟のれんが建物と周辺施設を残すだけとなった。重機の振動でれんが棟が損傷しないよう周辺は手つかずのまま。今後は地中の基礎、くいの撤去などが中心で、工事完了は予定通り12月の降雪期前を目指す。

 現場事務所によると、事前調査から、建築物は古い木造であったり、年代、用途、規模から、問題となる飛散性のアスベスト吹きつけはないことが分かった。タンクの保温材は主に粘土が使われていた。アスベストを含む保温材が使われていたのは構内東側の屋内タンク3基。成形された建材で非飛散性であることから、建屋の解体前に手作業ではずし、2重包装で袋詰めし、アスベスト廃棄物として搬出まで保管してある。

(2005/ 7/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。