PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
品田村長「小さな村だが本物の生き方を」

 刈羽村の新年賀詞交換会が4日、生涯学習センター「ラピカ」で行われ、約230人が出席した。品田村長は年頭のあいさつで「仁、倫にかなう村づくり、諸施策を展開したい」と抱負を述べた。

 村長は「仁」と「倫」の2文字を示して今年のテーマとし、「人間力、情緒力が問われている。刈羽は県内で2番目に小さい村になるが、本物の人間の生き方が村にあるということを県内外に示したい」と村政運営に協力を呼び掛けた。

(2006/ 1/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。