PHOTOニュース

御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)


未明に搾られ、瓶詰めされた純米吟醸生原酒「立春朝搾り」=4日午前7 時ごろ、市内新橋の原酒造 (2023/02/06)

>>過去記事一覧
県国民保護計画素案、原発攻撃対処も

 本県での武力攻撃やテロ発生に備える県国民保護計画の素案が、25日に新潟市で開かれた県国民保護協議会で承認された。東京電力柏崎刈羽原発への対処については、必要と認める場合は知事が運転停止、安全確保の措置を東電に要請することなどを盛り込んだ。

 県国民保護計画は、2004年の国民保護法施行に伴い審議を進めてきた。素案は7編から成り、そのうちの第4編で「原子力発電所等重要施設への武力攻撃事態への対処」を定めた。具体的には柏崎刈羽原発、新潟駅・長岡駅、新潟港・直江津港、新潟空港と、石油コンビナートなど特別防災区域が対象。

(2006/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。