PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
ぎおん花火大会は原則「雨天決行」を提言

 ぎおん柏崎まつり・海の大花火大会の開催基準などを検討してきた「ぎおん柏崎まつり検討委員会」は22日、市役所で最終4回目の会議を開き、「雨天決行」などを内容とした提言を取りまとめた。

 花火大会の実施基準については原則「雨天決行」。ただし、事前の花火大会延期と大会直前および開催中の中断・中止の基準を別途定めた。実施決定機関は、まつり協賛会長、同実行委員会行事部会長、警察署長、消防署長、県柏崎地域振興局庶務課長、片貝煙火工業の6人。開催するかどうかは当日午前9時に公表するとした。

(2006/ 2/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。