PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
県ジュニア美術展覧会が10日から

 県内の園児や児童生徒の力作がそろう県ジュニア美術展覧会・柏崎展(県教育委員会、市教育委員会など主催)が10日からソフィアセンターで開かれる。

 同展は県内の子供たちから美術への関心を高めてもらおうと開かれ、今年で37回目。幼稚園・保育園、小・中学校、特別支援学校などから約3万8900点の応募が寄せられ、審査が行われた。柏崎刈羽では高柳中2年・西村彩香さんの作品が特賞に選ばれたのをはじめ、優秀賞に7点、奨励賞に67点の合計75点が入賞した。

 昨年末から新潟会場を最初に巡回展が始まり、柏崎は2カ所目。特賞、優秀賞、奨励賞の全作品約2000点の展示を予定し、絵画、デザイン、版画の優れた作品が並ぶ。会期は15日まで。時間は午前10時から午後6時、13・14日は午後5時まで。

(2007/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。