PHOTOニュース

心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)

>>過去記事一覧
市がぶどう村に8000万円の増資計画

 市は、経営難の続く第3セクター・柏崎ぶどう村(市内芋川、植木馨社長)を再建するため、新たに8000万円の増資を行う考えであることが、柏崎日報社の調べで26日までに分かった。また、ぶどう村では経営の刷新を図るため、社長の交代が予定される。この問題で市は2月7日に市議会の意見拝聴会、同19日に市議会本会議を開き、議員の理解を求めたいとしている。

 柏崎ぶどう村は、度重なる豪雪被害などを受けて1994年末に解散した旧鯖石ぶどう園組合から市が無償譲渡を受け、95年度に設立。ワインの醸造・販売を中心に事業を展開してきた。現在の資本金は6000万円。このうち、市は設立当初400万円を出資。その後、消費低迷、デフレによる製品の低価格化など厳しい経営状況下で2003年度にさらに2000万円を出資した。

(2007/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。