PHOTOニュース

豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)


食用、毒キノコなどを展示した「再発見教室」=市立博物館 (2021/10/21)

>>過去記事一覧
市が柏崎ぶどう村増資を議会に説明

 市は、経営難が続く第3セクター・柏崎ぶどう村(市内芋川、植木馨社長)の再建計画を打ち出したことに伴い、7日、市議会の意見拝聴会を開いた。新たに8000万円(2006年度補正予算4000万円、07年度補正予算4000万円)の増資を行いたいとするもので、植木社長に代わって予定される新社長のもとでの経営改善計画案も説明した。議員からは増資の提案時期、金額などをめぐって意見が相次いだ。この問題で市議会は2月定例会の招集を19日に早め、06年度分を審議する。

 柏崎ぶどう村は、1994年末に解散した旧鯖石ぶどう園組合から市が施設の無償譲渡を受け、95年度に設立。ワインの醸造・販売を中心に事業を展開してきた。資本金は現在6000万円。05年度決算では売上高は約8600万円、累積赤字は約5400万円。借入金は07年3月末で約1億5600万円の見込みだ。

 計画では、今回の増資は9000万円とし、合計1億5000万円の資本金となる。うち、市が8000万円の出資を行いたいとするもので、これにより、市の出資は合計1億400万円。出資比率が約69%になる。市から再び役員を派遣したい考えだ。

(2007/ 2/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。