PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽原発で保安検査始まる

 東京電力柏崎刈羽原発で19日、経済産業省原子力安全・保安院による本年度第4回保安検査が始まった。定期検査の偽装工作などの不正が新たに見つかっていることから、甘利明経産相の指示により、不正の報告内容や再発防止の取り組みを確認するため今回の保安検査は体制を強化。検査官を従来の4人から8人程度に倍増し、通常3週間の検査期間を3月16日までの約4週間に延長する。

 保安検査は原子炉等規制法に基づき、原子力施設が保安規定を守って運営されているかを年4回点検する制度だ。19日の開始に当たって同原発で行われた会議では、金城慎司・柏崎刈羽原子力保安検査官事務所長が検査内容の文書を千野宗雄・同原発所長に手渡して説明。その中で「必要に応じて本店でも検査を実施する」と通告した。千野所長は「検査に真摯(しんし)に対応させていただきたい」と答えた。

(2007/ 2/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。