PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
工科大生が柏崎をテーマに研究発表

 柏崎のまちをテーマにした新潟工科大生の研究発表会が27日、柏崎商工会議所で開かれ、4年生と大学院生が建築、バイオテクノロジー、情報分野で11件を発表した。

 発表会は商議所総合建設部会と県建設業協会柏崎支部の主催で5年目。業界、行政、大学関係者ら約100人が聴講した。

 工科大建築学科の地濃茂雄教授は講話で「住まいは人が主と書く。快適空間、幸せ作りを担っているという誇りを」と呼び掛け、「何が喜ばれ、何が求められているのか、地元の気候風土を見据えてしつらえること」と求めた。

 学生らは住宅の耐震壁と強度調査、廃棄牛乳からのバイオガス利用などをパソコン画面を投影し、発表した。床材の調査では市内250軒のアンケートから「美観重視のため、耐久性、温度変化からくる問題が出やすい」と指摘。火災統計の分析では積雪地域の建物焼損面積が大きく、冬季の建物火災出火率、1件当たりの焼損面積が大きいことを示した。

(2007/ 2/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。