PHOTOニュース

心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)

>>過去記事一覧
別山でカタクリの花が満開

 市内西山町別山で春を告げるカタクリの花が満開を迎えた。

 カタクリは先のとがった薄紫色の花びらを上向きに反転させて開く。うつむくようなかれんな花姿で人気がある。群生地が広がる高内山は開花が例年より早め。4月に入って山ろくでは盛りを過ぎ、城跡の頂上で満開となった。ユキツバキとヤブツバキの中間種とされるユキバタツバキも登山道沿いの沢、斜面で例年より早く咲き始めた。

 地元カタクリ保存会の長谷川勇さん(65)は「草刈りも時期を選ばないと、腐葉土が減るなどして葉や花が小さくなる。手入れの難しさも知った。自然に任せるのが一番」と話している。

(2007/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。