PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
東電が柏崎原発周辺の地下探査結果を公表

 原発の耐震設計審査指針改定に伴い、東京電力が柏崎刈羽原発周辺で昨年秋実施した地下探査について、同社は12日、対象となったルートに活断層はなかったという分析結果を公表した。千野宗雄・同原発所長らが定例記者会見で説明したもの。現在実施している原発敷地内の探査も含めて、今年秋ごろには総合的な地質調査結果を取りまとめる。

 新指針は、より詳細な地盤調査を各原発に求め、直下型地震の一律想定を廃止して個別に地震動を評価することなど、耐震強化につながる内容。東電ではこれを受けて、新指針に照らした柏崎刈羽原発の耐震安全性再評価を2008年12月までに行うための地質調査を進めている。

(2007/ 4/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。