PHOTOニュース

心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)

>>過去記事一覧
刈羽村滝谷で灯ろう押し合い祭り

 刈羽村に春を告げる滝谷の灯ろう押し合い祭りが14日夜、同集落で行われ、花冷えの中、勇壮なぶつかり合いを繰り広げた。

 祭りは弥彦神社の灯ろう祭りを下敷きにしたと言われる。担ぎ手の男衆は白装束に黒帯、腰にちょうちんを下げたスタイル。小中学生や氏子の笛、太鼓に導かれ、独特の節回しの掛け声とともに3台の灯ろうが練り歩いた。灯ろうにはボタン、テッセンなどの花飾りを付け、照明を仕込んだ。

 ぶつかり合いは1台目が前方に走り出して底を地面に打ち付け、ほかの2台が次々と激突した。鳴り物が盛り上げ、見物人に酒、ごちそうなどが振る舞われた。

(2007/ 4/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。