PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
男女共同参画推進の市民会議が総会

 かしわざき男女共同参画プラン推進市民会議(須田年美会長)が14日、市民プラザで総会を開いた。市男女共同参画推進条例施行の初年度として、各種事業を通し、行政と両輪で一層の推進を図ることを確認した。

 総会で須田会長は「市男女共同参画推進条例がスタートの年だ。どのように活用され、変化があったかなど行政と両輪となって見守っていく必要がある。また、市民に啓発のため、条例を踏まえ、今後どのような事業に取り組んだらよいかを考え合いたい」とあいさつ。

 会田市長は「条例を制定することで終わりでなく、具体化していくことが大事だ。やるべき課題はたくさんある。市民会議からこれまで以上に運動の中核として大きな力添えをいただきたい。互いの人権を尊重するというこの条例の目標に向かい、一緒に頑張っていきたい」と期待した。

(2007/ 4/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。