PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
柏崎ぶどう村が株主説明会で存続へ強い意思

 経営難が続く市の第三セクター・柏崎ぶどう村(市内芋川、植木馨社長)は19日、株主説明会を産文会館会議室で開いた。説明会は非公開で行われ、終了後、報道陣の取材に対し、会社側は存続へ強い意思を示した。ただ、資金繰りはかなり厳しく、この解決が切迫した問題だとした。今後は取締役会に一任させてほしいと説明したという。

 説明会には、65個人・団体の株主中、約半数が出席。植木社長ら会社側と会田市長がそれぞれ、これまでの経緯を説明した。会社側は、今後もぶどう村存続へ強い意思を示しながらも、新しいスポンサーによる資金繰りの解決が課題と指摘。現在、関東方面の一社がぶどう村に興味を持っており、望みをかけて交渉を進めていきたいとした。

 また、会社側の話では、株主の一人から、ぶどう村が観光・文化など意義のある施設として設立・機能されてきたことや、ワイン醸造を長い目で見るべきなどの理由から存続の要望が出された。

(2007/ 4/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。