PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
ぎおん花火大火でシャトルバス運行へ

 7月26日に行われる「ぎおん柏崎まつり・大花火大会」(ぎおん柏崎まつり協賛会主催)で、新潟産大と柏崎港中浜ふ頭を結ぶシャトルバスを運行することがこのほど決まった。花火大会の規模が拡大するに連れて会場周辺で交通大渋滞を起こしており、この緩和策の一つ。数年前から検討を重ね、今年初めて実施に踏み切る。

 これに伴い中浜ふ頭はシャトルバスと予約団体の専用駐車場となり、これまで利用できた一般車両は駐車できなくなる。また、シャトルバスのスムーズな運行を確保するため、柏崎港と国道8号の鯨波交差点を結ぶ道路は午後6時から11時40分まで一般車両は通行止めとなる。

 計画では、シャトルバスは30台で運行する。所要時間は片道約20分。往路となる産大からの始発は午後3時から。復路となる中浜ふ頭から産大までの最終便の出発は午後10時半。産大の駐車場の収容能力は約500台あり、不足の場合は柏崎・夢の森公園の駐車場も活用する。産大駐車場の利用料金は1台1000円。シャトルバスの利用料も含まれる。

(2007/ 4/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。