PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
3河川16カ所に新たな量水標

 河川の増水が誰にでも分かるようにと、県柏崎地域振興局地域整備部はこのほど、鯖石川、鵜川、別山川の16カ所に量水標を取り付けた。市内加納など指定水位観測所の量水標が標高で水位を表示しているのに対して、今回の量水標は「橋げたまで、あとどれくらいか」が分かりやすい表示にした。

 柏崎刈羽管内には、鯖石橋(市内加納)など4カ所に指定水位観察所があり、水位は標高で表示されている。また、「はんらん危険水位」(従来の危険水位)、「はんらん注意水位」(同警戒水位)など危険のレベルを表す水位も標高によって定められている。これらは全国で統一されたルールで、河川構造の内容を良く知る関係機関が状況を把握・判断するには便利な仕組み。しかし、標高表示では地域住民が増水時に河川の状況を瞬時に理解・判断することは難しく、しかも指定水位観測所4カ所だけでは最寄りの地域の状況を知ることができないことから、「誰にも一目で分かる表示を増やしてほしい」という意見が地元関係者から多数出されていた。

(2007/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。