PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
刈羽村議選、現職3人・新人1人涙のむ

 定数14に対し、18人が立候補した刈羽村議選は、無所属の現職3人と新人1人が涙をのんだ。定数減で初めての選挙。現職議長の堀孝栄さん(71)が落選という波乱も呼んだ。投票率は87・33%。90%を初めて割り込んだ前回の88・26%を0・93ポイント下回った。定数減で各陣営とも危機感を持ち、集落、地区を越えて票を取り合う混戦模様となった。

 再選を決めた佐藤一三さん(74)の陣営は、前回得票を40票余り伸ばすトップ当選に沸いた。佐藤幸一選対本部長は「厳しい選挙戦だった。ありがたい」と支援に感謝。佐藤さんは地元刈羽集落の要望である砂丘地開発をはじめ、福祉施設、子育て支援の充実を訴えた。「村の基金を有効に使い、安心・安全、美しい村づくりのため力を尽くす。荒廃の進む砂丘地の優良農地を生かし、原発との共生事業も推進したい」と抱負を語った。

(2007/ 4/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。