PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
刈羽村で早津さんと古民家の写生会

 刈羽村油田の再生古民家「ひだまりの里」で22日、かやぶき民家を描き続ける魚沼市在住の画家・早津剛さん(68)と一緒に写生会が行われた。

 長岡市の県立歴史博物館、「子どもたちのための古民家再生委員会」などの主催。前日から同館で始まった「かやぶき民家展―早津絵画から広がる世界」の関連行事で行われた。子供からお年寄りまで約40人が参加。刈ったヨシを削って自作のペンを作るところから始めた。早津さんは「ペンとインクは基本的画材」とし、「線は消せない。一筆ずつデッサンの精神が必要。しくじりがまた面白い」と呼び掛けた。

 参加者は木々が芽吹き始めた古民家の周りで早速、ヨシのペンを使って墨汁で描いた。

(2007/ 4/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。