PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
06年の柏崎市、転出超過わずか4人

 県がこのほどまとめた2006年10月1日現在の人口移動調査によると、柏崎市の1年間の転入者は2744人、転出者は2748人で、転出が転入を4人上回った。転出超過は毎年の傾向だが、前年の119人と比べると大幅な減となり、近年最少。ただ、この間の出生が七百人に対し死亡が1027人で、差し引き327人のマイナス。全体では331人の人口減だった。

 今回の調査は、05年10月1日の国勢調査を基に、その後1年間の社会動態(転入・転出)、自然動態(出生・死亡)を集計した。柏崎市は国勢調査の人口が9万4648人、06年10月1日現在の推計人口は9万4317人。自然動態の減が社会動態の減を上回ったのは4年連続だ。

(2007/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。