PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
海保が大崎海岸で離岸流の調査

 第九管区海上保安本部が海の事故根絶を目指して、市内西山町大崎の海岸で離岸流の調査を13日まで3日間実施した。

 大崎海岸では昨年七月末、長野県から海水浴に来た65歳の男性と小学2年女児の2人が遊泳中に沖に流され水死した。離岸流が原因と見られている。同本部は2002年から離岸流調査を毎年行っていて、今年は、この事故を受け、大崎で離岸流の解明に着手した。

 離岸流は、海岸の波打ち際から沖合に向かってできる潮の流れのことで、幅10―30メートルで生じる局所的に強い引き潮。その速さは秒速1―2メートルと言われている。調査は、海岸線や沖合の海水にシーマーカーと呼ばれる緑色の着色料を流したり、GPS内蔵のブイを漂流させたりして、潮の流れや方向のデータを集めた。調査結果は7月中旬に同本部ホームページ(http://www.kaiho.mlit.go.jp/09kanku/)で公開し、事故防止に役立てる。

(2007/ 6/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。