PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽原発の安全協定を改定

 東京電力柏崎刈羽原発の一連の不正やデータ改ざん問題を受け、県・柏崎市・刈羽村は18日、東電との間で結んでいる同原発の安全協定を一部改定し、新たな安全確保策などを盛り込んだ。この日、自治体を代表して泉田知事と勝俣恒久東電社長が協定書に調印した。

 安全協定は1983年に締結され、改定は2005年8月に続いて8回目。今回は、原発の安全性の観点から改善につながる情報を出しやすい環境の整備や、環境にかかわる測定データの信頼性の確保が目的。具体的には、原発トラブルなどの内部情報受け付け窓口を県に設置し、寄せられた情報の調査を東電に求め、結果を公表。また測定データについて定期的に確認調査ができるようにした。環境放射線、温排水などで異常と判断される値が検出された場合の速やかな公表と、県市村の国民保護計画の位置づけも明文化した。

(2007/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。