PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
北条で毛利氏の城を冊子に

 ふるさと北条の歴史を子どもたちに伝えたいと、北条地区コミュニティ振興協議会(江尻東磨会長)が今月末、「越後北条毛利氏 山城と隆盛のあと」と「ふるさと北条の足跡」の2つの冊子を発行する。

 北条コミュニティは「歴史と文化の香るまち 北条」をキャッチフレーズに、教育振興室(関稔室長)が中心となって、郷土史の学習に力を入れてきた。これまでに学習の成果として、北条毛利氏の系図、名所・旧跡などを記したマップや、650年から今日までの年表を作成し、コミュニティセンターのロビーなどに掲示している。

 こうした中、地域の子どもたちから「北条城ってどんな形をした城?」「殿様はどこに住んでいたの?」といった質問が寄せられたが、具体的なイメージとして十分に答えられなかった。そこで柏崎刈羽郷土史研究会の平原順二さんの協力を得て、北条城や鳥谷(とやの)城など地区内に22あった城と館をまとめた「越後北条毛利氏 山城と隆盛のあと」(B5判40ページ)と、年表を印刷した「ふるさと北条の足跡」(同13ページ)をセットにして発行することにした。販売価格は1セット700円。

(2007/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。