PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
市功労者17人・1団体を表彰へ

 2007年度市功労者表彰の受賞者がこのほど決まった。功労者審査会の審議などを経て、8分野から17人・1団体が選ばれたほか、金品寄付功労で2事業所に感謝状が贈られる。表彰式は市制施行記念日の7月1日午前10時半から市民プラザで行われる。

 団体としては、本年度で創立50周年の節目を迎えた社団法人・柏崎青年会議所が善行功労で表彰される。市内全小中学校にマーチング研究会の設立を呼びかけ、現在まで継続しているぎおん柏崎まつり・マーチングパレードの礎を築いた。また、1997年から06年まで10年をかけて50基の「まちしるべ」を市内全域に建立して地域の歴史・文化を掘り起こすなどの社会貢献が認められた。

 個人では、綾子舞保存振興に多大な貢献があった猪俣英信さんや、市文化財保護審議会委員長を務め「柏崎市史」の編さん委員長でも活躍した新沢佳大さんが教育文化功労。また、柏崎信用金庫理事長、柏崎商工会議所副会頭として産業界の発展に寄与した故小栗一也さんが産業功労だ。

 金品寄付功労の感謝状は、「柏崎・夢の森公園」(維持管理基金を含め約60億円)を市に寄付した東京電力(勝俣恒久社長)と、創業130周年を迎えて市内小中学校の図書購入費に410万円を寄付した北越銀行(野崎国昭頭取)。

(2007/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。